派手に潮をふきまくり大きなアエギ声で中田氏も余裕で受ける